picマイコンの使い方

PICマイコンの8bitマイコンから32bitマイコンまで使いこなすぞ! 周辺機能やアセンブラ、C言語を使いこなすぞ。ARMには負けないぞ! 頼みの綱はPIC32MZだ!たのしみだなー

【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送でaitendoの1.44インチ液晶TFT(ZY-FGD)を使ってみる。その3

◆dsPIC33FJ128MC802でaitendoの1.44インチTFT液晶ZY-FGD1442701V1-PCBをPMP接続でDMA転送してみます。
①gifをgomplayerで画像ファイルを抜き取り
②gimpで16bitBMPに変換
③VC++で作ったアプリケーションでBMPファイルを都合のいいように編集
④BMPヘッダをカットしてリトルエディアンをビッグエディアンに変更する。
⑤SDカードに保存しPICからMicroChipのFATシステムAN1045を使ってDMAのメモリ一杯分の1024byteをread
⑥そのまんまPMPのDMA転送する。(4行分)
だいたい12fpsぐらいでした。
動画1

動画2


動画3


動画4


スパゲティー状態:
1.44インチTFT液晶ZY-FGD1442701V1-PCB

【PIC32MX】いつの間に!?秋月電商からDIPパッケージ最強のPIC32MX250F128B-I/SPが販売中


◆秋月電商の新商品一覧を華麗にスルーしPIC32MXの一覧に馴染んでるPIC32MX250F128B。。。



購入:PIC32MX250F128B

1)同系列のPIC32MX150F128と比較すると
①USBタイプだから19PIN
・・・ぐらいだね。
とにかくRAMが大きいので小さいLCDの1page分くらい行けそうですね。

【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送(連続転送)でaitendoの液晶を使ってみる。


◆dsPIC33FJ128MC802でaitendoの1.44インチTFT液晶ZY-FGD1442701V1-PCBをPMP接続でDMA転送してみます。



1)参考
パクる気満々で色々ググってもPICマイコンでPMPのDMA転送をやられている方がいらっしゃらないようで・・・
挙句には自分のサイトが出てきてしまいました。これはチャレンジするしかない!
以前の作成した記事PMPのDMA転送をつかってみる。aitendoの1.44インチ液晶TFT(ZY-FGD)をPMP接続で使ってみる!を組み合わせてちょっと変えれば出来ます。その他マイクロチップ社のリファレンスマニュアルを参考にしました。
2)PMPの設定
PMPのリファレンスDS70299のP28の35-5にDMAサポートの記載がちょろっとあります。
PMP_DMAのサポート
①「PMMODEbits.IRQM = 0b01」にする。
重要:PMP書き込み後に割り込み発生をかけます。
実際にはこの機能を利用して割り込みフラグをチェックしてDMA転送完了を知ります。
ほかの機能は前回と同様なので省きます。
3)DMAの設定(チャンネル0を使用する。)
 ①「DMA0CONbits.SIZE = 1」
byte転送にします。(0でword転送)
 ②「DMA0CONbits.DIR = 0」
転送方向をRAM→peripheralにします。
 ③「DMA0CONbits.HALF = 0」
フルブロック転送したら割り込みにします。
 ④「DMA0CONbits.MODE = 0b01」
転送はワンショットモード。
 ⑤「DMA0CNT = 255」
転送したbyte数を入れます。ただし「0」は「1byte」なのでn-1で設定します。
最大で9bit=1024byte設定可能です。
 ⑥「unsigned int tex_buf[256]__attribute__((space(dma)));」
転送バッファーを用意します。サイズはunsigned int型です。DS70215のpage18を参照。
 ⑦「DMA0PAD = (volatile unsigned int)&PMDIN1;」
peripheralAddressを指示します。
 ⑧「DMA0STA = __builtin_dmaoffset(tex_buf);」
DMA転送開始Addressを指示します。

DMA転送ルーチン
①PMADDRbits.ADDR0をセットします。
②tex_buf[]にデータを入れる。
③DMA0CONbits.CHENをセットしDMA0をENABLEにします。
④DMA0REQbits.FORCEをセットし強制転送を開始します。
⑤勝手にWRはパタパタします。
⑥ADDR0を固定すれば連続書き込みが可能!!
⑦CPUを介さないDMA転送といえど書き込み完了を待つ必要があります。
超重要:IFS0bits.DMA0IFをチェックして転送が完了したか否かを判断します。
これがわからずに1日費やしてしまいました。

PMPのDMA設定プログラム

//== DMA_PMP ========================================================
DMA0CON = 0x0000; //clear
DMA0CONbits.SIZE = 1; //<14>byte_send
DMA0CONbits.DIR = 1; //<13>write_mode
DMA0CONbits.HALF = 0; //<12>full_block
DMA0CONbits.MODE = 0b01; //<1-0>one_shot
DMA0CNT = 255; //block_size_254byte
DMA0REQbits.IRQSEL = 0b0101101; //PMP_peripheral
DMA0PAD = (volatile unsigned int)&PMDIN1; //peripheral_address
DMA0STA = __builtin_dmaoffset(tex_buf); //DMA_start_address
DMA0CONbits.CHEN = 0; //dma_disable







4)メインのプログラム

LCDの初期化等は省きます。aitendoのままです。

ブルーバック後、任意の個所に赤ラインを描画します。

LCDに256byte連続でDMA転送してます。

//== interrupt_function_prototype ================================================
void __attribute__((interrupt,auto_psv)) _DMA0Interrupt(void); //DMA0_Interrupt
//== DMA_PMP ====================================================================
unsigned int tex_buf[256]__attribute__((space(dma))); //dma_buffer
unsigned char *st_pointer; //line_pointer
unsigned char st_box[256]; //line_data
//== main ==================================================================
int main(void)
{
//== クロックの設定 ======================================================
//== Fcy=Fosc/2=7.37M*((PLLFBD+2)/(N2*N1))/2=39.61MHz ================
PLLFBDbits.PLLDIV = 41; //M=PLLFBD+2
CLKDIVbits.PLLPOST = 0; //N2=2
CLKDIVbits.PLLPRE = 0; //N1=2
OSCTUN = 0; //TuneFRC:7.37MHz
RCONbits.SWDTEN = 0; //Disable Watch Dog
while(OSCCONbits.LOCK != 1); //wait for PLL Lock
//== AD切り替え ==========================================================
AD1PCFGL = 0xffff; //全digital
//=== TRISA ===========================================================
TRISA = 0x0000; //initial_
//== TRISB =============================================================
TRISB = 0x0000; //input:
//== PMP_Initialize ===================================================
PMMODE = 0x0000;
PMMODEbits.MODE = 0b11; //<9-8>MastarMode_1
PMMODEbits.IRQM = 0b01; //<15-14>dma_interrupt_request
PMCON = 0x0000;
//== port_select ====
//== R/W:PMRD/PMWR ==
PMCONbits.PTRDEN = 1; //<8>PMRD/PMWR_enable
PMCONbits.RDSP = 1; //<0>PMRD/PMWR
//== RS:PMA0 ========
PMAENbits.PTEN0 = 1; //<0>PMA0_enable
//== CN_Initialize ===================================================
//== DMA_PMP ========================================================
DMA0CON = 0x0000; //clear
DMA0CONbits.SIZE = 1; //<14>byte_send
DMA0CONbits.DIR = 1; //<13>write_mode
DMA0CONbits.HALF = 0; //<12>full_block
DMA0CONbits.MODE = 0b01; //<1-0>one_shot
DMA0CNT = 255; //block_size_254byte
DMA0REQbits.IRQSEL = 0b0101101; //PMP_peripheral
DMA0PAD = (volatile unsigned int)&PMDIN1; //peripheral_address
DMA0STA = __builtin_dmaoffset(tex_buf); //DMA_start_address
//== 前処理 =====================================================
PMCONbits.PMPEN = 1; //<15>PMP_enable
DMA0CONbits.CHEN = 0; //dma_disable
zy_init(); //sb1602_init()
st_pointer = &st_box[0]; //first_byte_set
zy_full_set(0x00,0x1f); //blueback
//== while文 ===========================================================
while(1)
{
zy_line(st_pointer); //line_out
}//while(1)
}//int main(void)
//== set ===================================================
unsigned char st_box[256] =
{
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00,
0xf8,0x00,0xf8,0x00,0xf8,0x00
};
//==========================================================
void zy_line(unsigned char *byte)
{
zy_write(0,0x2a); //x_address
zy_write(1,0x00); //start
zy_write(1,0x02);
zy_write(1,0x00); //end
zy_write(1,0x81);
zy_write(0,0x2b); //y_address
zy_write(1,0x00); //start
zy_write(1,0x0f);
zy_write(1,0x00); //end
zy_write(1,0x0f);
zy_write(0,0x2c); //memory_write
//check_pin
LATAbits.LATA0 = !LATAbits.LATA0;
//array_copy
memcpy(tex_buf,byte,sizeof(tex_buf));
//pmp+dma_sending
PMADDRbits.ADDR0 = 1; //write_mode
IFS0bits.DMA0IF = 0; //flag_off
//force_dma_one_times
DMA0CONbits.CHEN = 1; //DMA0_enable
DMA0REQbits.FORCE = 1; //One_times
//dma_sending_wait
while(IFS0bits.DMA0IF == 0); //send_wait
//check_pin
LATAbits.LATA0 = !LATAbits.LATA0;
}//void zy_line()
//======================================================================
//== zy_fgd Write 0:cmd/1:data ====================================================
void zy_write(unsigned flag, unsigned char data)
{
//command_mode
if(flag == 0)
{PMADDRbits.ADDR0 = 0;} //command_mode/cd_low
//data_mode
else{PMADDRbits.ADDR0 = 1;} //data_mode
//PMP
while(PMMODEbits.BUSY == 1); //PMP_OK?
PMDIN1 = data;
}//void zy_write(unsigned flag, unsigned char data)







5)波形の確認
黄色がWRの挙動です。ピンクはRA1に接続してます。1ライン転送毎に切り替えてます。
1ライン分256byteDMA転送するのに19.34μsecかかり、(1byte転送は大体50nsecでした。)
DMA転送バッファーにコピーするのに13.12μsecかかりました。
TOTALで32.84μsecかかりました。PMP接続と比較すると2.5倍速くなりました。
1f3858c2.png

6)実行の様子(PMP接続の時と変わりません。)
aitendoの1.44インチ液晶TFT(ZY-FGD)PMP接続DMA転送1ライン出力

7)回路図(PMP接続の時と変わりません。)
28b9ed33.png


ギャラリー
  • 【PIC32MZ2048ECH144-I/PH】PIC32MZ2048ECH144を買いました!
  • 【PIC32MX370F512H】タイマーを使ってみる。
  • 【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送でaitendoの1.44インチ液晶TFT(ZY-FGD)を使ってみる。その3
  • 【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送(連続転送)でaitendoの液晶を使ってみる。
  • 【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送(連続転送)でaitendoの液晶を使ってみる。
  • 【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送(連続転送)でaitendoの液晶を使ってみる。
  • 【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送(連続転送)でaitendoの液晶を使ってみる。
  • 【dsPIC33FJ128MC802】aitendoの1.44インチ液晶TFT(ZY-FGD)をPMP接続で使ってみる!
  • 【dsPIC33FJ128MC802】aitendoの1.44インチ液晶TFT(ZY-FGD)をPMP接続で使ってみる!
メッセージはこちちらからお願いします。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • SEOブログパーツ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
アクセスカウンタ
アクセスランキング