picマイコンの使い方

PICマイコンの8bitマイコンから32bitマイコンまで使いこなすぞ! 周辺機能やアセンブラ、C言語を使いこなすぞ。ARMには負けないぞ! 頼みの綱はPIC32MZだ!たのしみだなー

OV7670

【PIC24F64GA002】OV7670カメラモジュールを使ってみる。2:基板作ってみました。





■その2:基板を作ってみました。
上の写真はカメラ部で撮影をします。
下の写真は表示部でカメラ撮影された映像をOLEDに出力します。
電源は、単四×2本で駆動しています。回路図はこちらになります。
OLEDが96×64と極小なので次回はもう少し大きいLCDでトライします。
またカメラもOV7690で挑戦したいです




【PIC24FJ64GA002】OV7670カメラモジュールを使ってみる。





■OV7670をPIC24FJ64GA002で動かしてみました。
表示部にはOLED:ALO-095BWNN-J9を利用しました。
今回もトラ技2012年3月号先生には大変お世話になりました。電源電圧は3Vで統一しました。
右の写真は自作カラーチャートとお札を撮影したところです。
出力フォーマット:QCIFでOLEDに合わせて96×64分取得して表示してます。
OLEDがRGB565ではなくBGR565なのでわざわざ各pixel毎に入れ替えを行ってます。
そのせいで、どう頑張っても0.3FPS程度でした。
最初は全部状態変化割り込みで制御しようとしましたがアルゴリズムが組めず断念。
頻発するPclkを分けて制御するのが手っ取り早いです。下記のように割り振りました。
・外部割り込みINT1:PCLK_画素データ取得
・外部割り込みINT2:Vsync_NewFrame
・状態変化割り込み:HREF_NewLine
Vsyncは一番ゆるい状態変化でも十分だったね。
↓回路図はこちら
55a09baf.jpg



ギャラリー
  • 【PIC32MZ2048ECH144-I/PH】PIC32MZ2048ECH144を買いました!
  • 【PIC32MX370F512H】タイマーを使ってみる。
  • 【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送でaitendoの1.44インチ液晶TFT(ZY-FGD)を使ってみる。その3
  • 【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送(連続転送)でaitendoの液晶を使ってみる。
  • 【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送(連続転送)でaitendoの液晶を使ってみる。
  • 【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送(連続転送)でaitendoの液晶を使ってみる。
  • 【dsPIC33FJ128MC802】PMP接続のDMA転送(連続転送)でaitendoの液晶を使ってみる。
  • 【dsPIC33FJ128MC802】aitendoの1.44インチ液晶TFT(ZY-FGD)をPMP接続で使ってみる!
  • 【dsPIC33FJ128MC802】aitendoの1.44インチ液晶TFT(ZY-FGD)をPMP接続で使ってみる!
メッセージはこちちらからお願いします。

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • SEOブログパーツ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
アクセスカウンタ
アクセスランキング